ドクター

なかなか消えない妊娠線は治療をすればバッチリ消える

カウンセリング

出来た後で消す方法

妊娠線は一度出来てしまうとなかなか治療できないといわれており、妊娠中から予防を行っている人が少なくありません。しかしどれだけ予防を行っていても、妊娠線が出来てしまう可能性はあります。そんな時の治療法を知っておきましょう。

もっと読む

妊婦

美しい皮膚を取り戻そう

妊娠線をなくすには、皮膚の表皮の内側にある、真皮に直接働きかけをすることが必要です。妊娠線の治療のひとつに、血流改善ガスを真皮へ注入するという方法があります。これによって皮膚の代謝が改善し、皮膚を以前の状態に戻すことが可能になります。

もっと読む

お腹

美容外科でのできる施術法

保湿で予防はできても、できてしまった妊娠線は美容外科での施術失くして決して消えることはありません。代表的な妊娠線治療の流れを知る事で自分に適した方法を見つけて妊娠前のきれいな肌を取り戻し、コンプレックスを解消してください。

もっと読む

医療機関できれいに

カウンセリング

レーザーが有効です

妊娠すると日に日にお腹は大きく膨れていきますが、この時は急激にお腹が膨らんできますので、その成長に皮膚がついていけず、肉割れを起こしてしまうことがあります。これがいわゆる妊娠線ですが、一度できてしまうと完全に消すのは難しいものがありますので、しっかりと予防しておくことが大切です。妊娠線の予防方法としては、まずは太りすぎないことも大事ですので、体重のコントロールはしっかり行いましょう。妊娠するとある程度太るのは当たり前ですが、あまりに太りすぎることは健康にも良くありませんし、出産に影響が出てしまうこともあります。そして妊娠線を予防するクリームも販売されてますので、こうした商品で保湿をしっかり行うこともおすすめです。そして予防していても妊娠線を完全に防ぐのは難しいものもありますが、そうした場合も治療でかなり目立たなくすることもできます。治療は美容皮膚科や美容外科などの医療機関で行われていますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。どのような治療が行われているのかも気になるところですが、美容外科などではレーザー治療がよく選ばれています。レーザー治療は伸びてしまった皮膚を収縮させるのにも役立ちますし、コラーゲンの生成の促進にも役立ちます。このほかでは炭酸ガスやサーマクール、ダーマローラーなどの薬を使った治療などが行われていますので、まずは診察を受け、それぞれの症状に合う方法を選んでいきましょう。