医者

なかなか消えない妊娠線は治療をすればバッチリ消える

美しい皮膚を取り戻そう

妊婦

真皮の再生が必要です

妊娠線は、妊娠中の体重増加や胎児の成長に伴い、急激な皮膚の伸長が起こることが原因で発生します。皮膚の伸長に耐え切れなくなり、表皮の内側にある真皮が断裂して、線状の跡が出来てしまうのです。そういった断裂が起こった状態では、クリームなどを塗りこんでも表皮までしか届かず、断裂した真皮はそのままになってしまいます。そのため、自宅ケアでは、妊娠線の改善は難しいとされています。妊娠線の治療では、真皮の断裂を治療し、もとの状態に戻すことが必要です。そのため、妊娠線や肉割れなどの治療を取り扱っている専門医に診察していただき、治療をすることが必要です。現在では、様々な方法で真皮の再生を促す方法が研究されています。例えば、血流改善ガスを、真皮へ注入するという方法があります。この方法では、真皮の血流を改善することによって、皮膚の代謝がアップし、皮膚の再生能力を高めることができます。つまり、ダメージを受けて線状に現れている妊娠線の症状を、皮膚を再生させることで以前の状態に戻していくのです。皮膚をマッサージしたり、クリームを塗るという方法では、皮膚の表面の表皮しか綺麗にできません。そのため、表皮の下の真皮へ直接働きかけを行う事が必要なのです。この方法では、ダウンタイム(赤くはれ上がるなどの期間)もほとんどなく、副作用も少ないとされています。費用は病院によって様々ですが、一部分で1万円ほどからとなり、状態を診察してからの提示となります。