医者

なかなか消えない妊娠線は治療をすればバッチリ消える

出来た後で消す方法

カウンセリング

費用や通いやすさで決める

妊娠すると、お腹や太もも、胸などに出来てしまうことがある妊娠線は、皮膚の深いところが裂けてしまうため自然になくなるということは難しく、一度出来てしまった妊娠線は消えるまでに数年かかってしまうとも言われています。そのため、妊娠線が出来ないようなケアを妊娠初期から行うことが一般的ですが、それでも出来てしまった妊娠線は治療を行うことで薄くしていくことは出来ます。妊娠線は病気ではありませんので、治療は全額自費となります。治療の方法にはさまざまなものがありますが、一番手軽なのがトレチノインを妊娠線に塗る方法です。実際にトレチノインを使って妊娠線の治療を行ったところ、約80%の人が半年後には症状が改善したというデータがあります。トレチノインは美容皮膚科だけではなく、一般的な皮膚科であっても美白やシミの改善に力を入れている皮膚科で処方してもらうことが可能です。最も一般的な治療法としては、レーザー治療が上げられます。美容皮膚科や美容クリニックで行われている方法です。皮膚のコラーゲンを活発化させることで妊娠線を改善していくという方法になります。またそのクリニック独自の方法として、レーザーを行うことで皮膚の引き締め効果もあるという治療法を行っていることもあります。妊娠線の改善のためにかかる費用や、そのクリニックまでの通いやすさ、それらの要素とプラスアルファの効果も調べて、クリニックを選んでみるのも良いでしょう。